『血は立ったまま眠っている』主演舞台決定★
森田剛くん、溺愛ヲタブログ。
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
東京にもあったんだ / 無敵のキミ(初回限定盤)(DVD付)
評価:
福山雅治
ユニバーサルミュージック
¥ 1,350
(2007-04-11)
本日の、「福山雅治SUZUKI Talking FM」内でかかった新曲。
福山雅治22枚目のニューシングル『東京にもあったんだ』
FM宇宙初オンエアの本日。

あたくし、久々に福ちゃん作品を予約で買う予定です。
この曲は、およそ1ヶ月前の大阪城ホールの追加公演の日。
エンディングにて福ちゃんが歌ってくれた1曲。
映画『東京タワー〜オカンとボクと、ときどきオトン』の主題歌です。

この曲ね、聞いたときにさ。
ただのラブソングじゃないって思ったんだよね。
もちろん、ラブソングだとは思うんだよ?
でもね?それだけじゃーない。
こういう福ちゃんの歌は好きなんだ。
理屈じゃないんだけどね?

Aメロかな?
東京にあった様々な風景が目に浮かぶんだよね。
でも、1番のサビ前の歌詞もいいし。
今回は、歌詞がいいんだよ。

ただの甘いラブソングじゃない、歌がココにあるの。
深いんだなぁ。
こういう福ちゃんを待ってたんだよね。

アタシはこの歌は大好きです。
バラードですが、すごく好きだと思いました。


リリーフランキーさんの本、読みました。
本を読んで泣くということがあまり無いアタシが。
この本を読んで、ラストで泣いてしまったんですよね。
この本を思い出して、この歌を聞くと。
この曲の中に出てくる、『キミ』が『オカン』にも思えてくる。
そんな歌だと思うんですよ。

ぜひ、聞いて欲しいなぁ。
福ちゃん、アナタを好きだった自分が間違いじゃないことをやっぱり悟りました。
しばらくは、うちのMDにて発売日まではヘビロです。


素敵だな、この歌。
19:51 お気に入りのものたち。 comments(0)
スポンサーサイト
19:51 - -
comment

message :